Friday, July 28, 2006

Why MBA

友達にMBAで何を学んだの?何か得たものはあるの?ときかれたりするのですが、結構むずかしい質問で、恐らく答えはこれから変わっていくのだと思います。今答えるとすると、下記のような感じでしょうか。

1)友達
友達は別にビジネススクールに行かなくてもできるのかと思うのですが、ビジネスに関して長時間語り合える「ビジネスおたく仲間」を作るにはMBAは非常に良い環境だと思います。しかもバックグランドが全く違う、けれどビジネスに興味があるという点のみ共通している人達と延々と話をする機会は正直今後二度とないのかもしれません。これからMBAに行かれる皆さんもぜひ日本人だけで集まったりせず、いろいろな人と話をしてみると感動するストーリーがいっぱいあると思います。またそこでできた友達の何人かと将来何か面白いことを一緒にできたら最高、と思ったり。

2)ファイナンスの知識
ファイナンスの知識は私にとっては欠けていた知識の一つだったので、コロンビアに来てすごく良かったと思いました。やっぱり自分で勉強するのはちょっと大変だと思うし、リスクやオプションに対する考え方はビジネス全般に活用できるものの見方だと思うので。将来ファイナンスの道に進もうとはあまり考えていないのですが、経営者を目指すためには投資家の視点を理解する必要があると思っていたし、ビジネス言語であるAccountingを会得できたことは私にとって非常に有意義だったと思います。

3)若さ
若さといっても別に見た目が若返ったわけではなく(というか疲れて反対に歳をとっただけ、という気がしますが)、MBAに行って本当に気持ちが若返った気がします。大学1年生ぐらいに、自分は何にでもなれる、と思っていた瞬間があったような気がするのですが、なんとなくその感覚に近い気分に今はなっています。実際MBAを取って今後のキャリアオプションが増えた、ということもあるのかと思いますが、どちらかというと人生に対してもっとProactiveかつ前向きになった、というのが正しいかと。うまく言えないのですが、自分の人生は自分で築きあげていくもの、という姿勢にやっとなれてきた、というところでしょうか。

人によって答えは違うと思いますが、ビジネススクールに行って失敗だった、という人はほとんどいないかと思います。学費+その他のコストに値する金銭的リターンがあるかどうかは不明ですが、一度しかない人生なので、行きたいかたはぜひ行ってみたほうがよいかと。

1 Comments:

Anonymous TKG said...

初めまして!TKGと申します。

MBA関連情報を検索しててたどり着きました。

私もMBA留学をしようと準備を進めている最中で、Why MBAの内容、とても参考になりました。

時間とお金を投資するからこそ、それに見合ったものを得られるように頑張らねばという気持ちが改めて湧いてきました。

では失礼いたします。

9:15 AM  

Post a Comment

<< Home